ワインコンサルタント/ソムリエ齋藤 浩一

「土地を飲む酒」に魅せられて人生を方向転換した広告マンの話を聞いてきました

今回は、ワインに魅せられて広告マンからワインコンサルタント/ソムリエに転身した齋藤浩一さんにお話を伺いました。

きっかけはなんだったのか?なぜその道に決めたのか?

知られざる超体育会系なソムリエの世界と壮大な野望を知ることになりました。
たつお
たつお
早速ですが、齋藤さんはワインコンサルタントとして、どんなご活動をされているんでしょうか?
齋藤さん
齋藤さん
飲食店さんからご相談をいただいて、店舗に並べるワインメニューを作成したり、店舗スタッフに売り方を教育するところまでのコンサルティングをしています。

焼肉屋さんとか、和食屋さんとか、普段ソムリエがいない飲食店さんから相談されることも多いですね。
たつお
たつお
和食屋さんでもワイン置いてるんですね!
齋藤さん
齋藤さん
最近増えてきましたね。でも、ワインって有象無象が入り乱れている世界なので、その食事に合った良いものきちんと選んで楽しくお伝えすることを心がけてます。

すごく良心的なワインの隣に、どうしようもないワインが平気な顔して並んでることもありますから。

お仕事中の齋藤さん

たつお
たつお
有象無象。実は私、あまりワインのことを知らないんですが、ワインの魅力は何?と聞かれたらズバリ何と答えますか?
齋藤さん
齋藤さん
情報量の多さですかね。あとは土地に繋がることですね。

ワインは、言うなれば「土地を飲む酒」です。
たつお
たつお
「土地を飲む酒」ですか?
齋藤さん
齋藤さん
例えば、日本酒は米と麹と水で作られています。山田錦っていう酒米がメジャーですけど、杜氏のセンスと技術によって、あれだけ日本各地でバラエティ豊かな日本酒が作られていますよね。

その意味で、私は日本酒っていうのは「土地を飲む酒」ではなく、「杜氏の腕を飲む酒」だと思ってるんです。
たつお
たつお
なるほど。
齋藤さん
齋藤さん
一方で、ワインの場合は1滴も水使ってないんですよ。葡萄だけ。

なので、「この地域、村、畑のワイン」と名付けられた場合、その地域のその畑で取れた葡萄しか入っていないんです。

※有名なロマネ・コンティも葡萄畑の名前をそのままとって付けられている。

たつお
たつお
そんなに厳密なんですね…!
齋藤さん
齋藤さん
だから、作り手の腕やセンスよりも先に、土地が色濃く反映される酒なんです。
たつお
たつお
「土地を飲む酒」しっくりきました。ところで、齋藤さんご自身がそんなワインにハマることになったきっかけは何だったんでしょうか?
齋藤さん
齋藤さん
友達がお土産で、イタリアの「Barolo(バローロ)」っていう、けっこうな高級ワインを買ってきてくれたんですよ。それまでは、あまりお酒の良し悪しを意識して飲むこともなかったんですが、それを飲んで度肝を抜かれて。魅せられちゃって。

それでもうワインスクール通い始めました。
たつお
たつお
(展開が早い。)そんなに違いましたか。
齋藤さん
齋藤さん
「何かが違う!」と思いましたね。それでもうソムリエの資格を取っちゃって、脱サラしちゃいました。ソムリエになりたいと思って(笑)。
たつお
たつお
だいぶサラッと決断しましたね。
齋藤さん
齋藤さん
一応ひと通り悩んだつもりなんですけどね。今までの人生の中で1番迷ったのはこのソムリエやるかどうかの時でしたし。

例えば、受験なんて大して考えもしないじゃないですか。自分が受かりそうな偏差値とか、なんとなく雰囲気が好きとかその程度。
たつお
たつお
うっ…
齋藤さん
齋藤さん
当時は何にも脳みそなんて使ってなかったんですよ。就活でも、周りの友達がこの業界受けるから自分も、とか。

今考えると大した悩み方じゃない。
たつお
たつお
ウーム、それはたしかにそうかもしれない…。
齋藤さん
齋藤さん
ソムリエやるときに、「今の仕事続けたらマンション買えるけど、ソムリエになったら買えないよ。この国はそういう国なんだよ。」って、30歳以上の男友達、同僚からはやめとけって言われたんですよ。

女の子の友達には「齋藤クン、好きなことを仕事にするの。素敵だね!」って気楽に言ってくれる人もいたんですけど(笑)。
齋藤さん
齋藤さん
それで、どういう根拠で決断しようかなと考えた時に、未来を想像したんです。100年先までは想像ができなくて、せいぜい自分の想像力の及ぶ限界が「自分の葬式」だったんですよ。

自分の葬式でどう見送られたいか。葬式までに何をフィックスするか。
たつお
たつお
なるほど、お葬式ですか。
齋藤さん
齋藤さん
その当時、僕は広告関係のお仕事をしていたので、広告マンとして死ぬか、ソムリエとして死ぬか、どっちがいいかなって考えた時に、後者を選びました。

普段の仕事と一緒ですね。仕事でも何かフィックスしないと先に進まないですから。
たつお
たつお
「ソムリエの男」として送られることをフィックスしたわけですね。
齋藤さん
齋藤さん
で、葬式フィックスしてソムリエになった頃に、アラン・デュカスっていうフランスの三ツ星シェフの支店が青山にできるところだったんですよ。そこに入れてもらって、ソムリエ人生が始まるんです。

余談ですが、この決断の十数年後に『7つの習慣』を読んだんです。そしたら葬式フィックスしろって書いてあったんですよ!やっぱり自分の決断は間違ってなかったなと思いましたね(笑)。

※7つの習慣:スティーブン・コヴィー著。ビジネス書、自己啓発書の定番。著者は経営コンサルタントだが、ビジネスのみならず人生全般に通ずる成功哲学の本として知られ、これまでに日本国内200万部、全世界で3,000万部以上を売り上げるベストセラー。

たつお
たつお
ところで、ソムリエになる為にはどんな資格や修行が必要なんですか?
齋藤さん
齋藤さん
資格は、1年間ワインスクールに通えば誰でも取れます。
たつお
たつお
そうなんだ。意外と資格のハードルはそこまで高くなさそうですね。
齋藤さん
齋藤さん
その代わり、お店に入って3年間くらいは、「イエス」「はい」「ウィ(Oui)」しか言わなくていいです。ほんとに。
たつお
たつお
「ノー」とは言えないんですか。
齋藤さん
齋藤さん
「ノー」も保留もないですね。「イエス」です。

というか、イエスって答える前に足は1歩動いているくらいでないと。超体育会系なので。
たつお
たつお
予想以上でした…。が、それでも続けられる魅力があるんですね。
齋藤さん
齋藤さん
やっぱり、好きなもの、ワインに携わっていられるっていうことですよね。

特にフレンチでワインをやるっていうのは独特で。
たつお
たつお
独特?
齋藤さん
齋藤さん
ワインに関するルールが、200年くらい前から成立しているフランスの法律を元にして作られてるんですよ。

だから、ヨーロッパの歴史が色濃く反映されていますし、単にワインに関わっているというよりも、その文化に触れながら普段の仕事ができるっていうのが魅力でしょうね。
齋藤さん
齋藤さん
これがワイン以外だと、トレンドによって、自分の仕事のあり方が根幹からガラッと変わることもあり得るわけじゃないですか。

例えば、速く走る車を作りたくてメーカーに入ったとしても、今、この時代では速く走るよりも、むしろ快適でエコな車を求められているわけで。その仕事を目指した根本の想いが、ニーズによってガラっと変わらざるをえなくなる。

ところがフランスワインの美味しさって法で守られているところもあるので簡単には変わらない。そういう心地良さはありますね。
たつお
たつお
フムフム。
齋藤さん
齋藤さん
産地に行かないとわからない情報というのがたくさんありますし、産地に出向くってこともすごく大切です。

その土地に行った時に、「あぁ、俺の好きなワインって、この空気、この風景、こういう歴史のある街で作られてきたんだな」といった情報と繋がりを持てるので。

ワイン産地で葡萄畑を見つけると、そこまで行って、こう…

旅行中?葡萄畑でしゃがむ齋藤さん

たつお
たつお
これは…?
齋藤さん
齋藤さん
土を見てるんです。
たつお
たつお
あ、葡萄でもなく。
齋藤さん
齋藤さん
飛行機代も、宿泊代も、この土を見るために払っているようなものです。「こういう色してるんだ…」「石灰が多めなんだ…」「あぁ、粘土質が多いんだ…」「砂利が多いんだ…」とか。

そういうのを見て、「あぁそれでこのワインができてるんだなぁ〜」っていうのを確認しに行ってるんです。
たつお
たつお
そのために海外まで…。
齋藤さん
齋藤さん
そうです。土を見に行ってるんです。逆に他に何も興味ないです。

「旅行とは土を見に行くことです。」

たつお
たつお
産地とか、できるまでのストーリーとか(土もそうですけど)知っていると、ワインの味わいも違ってくるでしょうね。
齋藤さん
齋藤さん
全然違いますよ。ソムリエでも、ワインを純粋に味だけで冷酷にジャッジすることはないです。ストーリーや背景もひっくるめて、そのワインをどんな風に楽しもうかなって考えます。

例えば車でも、エンジンとかサスペンションとか、純粋にスペックの数字だけで見ても色やデザインやストーリーがなかったら、面白くもなんともないと思うんですよ。
たつお
たつお
確かに。そこがソムリエのお仕事になってくるんですね。

ちなみに、日本でもワインって作ってると思うんですが、国産ワインって確立されてるものなんですか?
齋藤さん
齋藤さん
今がちょうどその過渡期なんです。
たつお
たつお
過渡期、ですか?
齋藤さん
齋藤さん
ヨーロッパでは、厳密にルールを設けて、自分たちの地域の歴史ある食べ物を守るということに関して、そのクオリティを国が保証してるわけなんですが。

日本ワインって長らくひどい状況だったんですよ。
たつお
たつお
ひどい状況というのは??
齋藤さん
齋藤さん
ワイナリーのお土産コーナーに置かれているワインですら、安い南米の濃縮還元果汁を水で薄めてアルコール入れたもの、つまり、日本で「醸造」されたものを、日本ワインとして売り出していたという状況があったんです。

「ワイナリーのお土産コーナーでですよ!?」

たつお
たつお
国産とは…。
齋藤さん
齋藤さん
2年ほど前からようやく、「国産ワイン」のルールが整備され始めたんです。
たつお
たつお
結構最近の話なんですね。
齋藤さん
齋藤さん
でも、まだまだいろんな問題があるんです。土地の問題、ワイン用の苗木の不足、苗木の生産者も足りませんし、ワイン用の葡萄を育てる生産者も足りません。

今挙げた問題について対応するには、農水省や地方自治体が、ワインづくりや葡萄栽培への参入ハードルを低くするよう協力していただく必要があると思っています。
たつお
たつお
自治体の協力ですか。
齋藤さん
齋藤さん
生産者を増やす、若い人を増やす、葡萄畑が増える、葡萄が増える。それでやっと日本ワインの安定供給ができるようになって、一般の価格と卸値を設定して流通が整う、日本国内で日本ワインがきちんと扱われる、と。

日本ワインの量を増やせれば、おそらく今よりも値段を下げられるので、海外のワインと比べても、コスパの良い日本ワインをみなさんに提供できるようになるんじゃないかなと思います。日本ワインの流通を整えるのは僕の目標ですね。
たつお
たつお
齋藤さんご自身は生産にも携わられるんですか?
齋藤さん
齋藤さん
関わってないんですよ。特に関わりたいとも思ってないし。
たつお
たつお
今後も関わる気はないんですか?
齋藤さん
齋藤さん
ソムリエになる前、広告マンとして働いた経験もあって、「良いものを人に伝えるのが好き」っていう根っこの部分は変わってないんです。

立ち位置として、メーカーじゃないんですよね。やることの本質は変わってないんだな〜って我ながら思います。
たつお
たつお
業界は変われど、PRサイドにいることには変わりないと。
齋藤さん
齋藤さん
そうなんです、変わってないんです(笑)。そういうのが好きなんでしょうね。
たつお
たつお
ちょっと意外でした。これからもPRサイドから業界を盛り上げていくんですね。
齋藤さん
齋藤さん
今やっと日本のワインに誇りを持てるような時代になってきたので、すごくありがたいですね。

だから最終的には、地方がプライドを持てるような国になったらいいなと思います。
たつお
たつお
大きな野望ですね。
齋藤さん
齋藤さん
だから今から自治体とマメにコンタクトとったりしてますよ(笑)。ワイナリーでの地方活性化はいくつか成功事例もあるので、自治体の方も全然後押ししてくれます。

日本ワインのルールも整備され始めて、追い風にはなっているので、このタイミングでアクションを起こさないと、コスパの悪い日本ワインのままで飽きられちゃいます。次のチャンスはもう100年は来ないでしょうから。
たつお
たつお
なるほど、やるなら今ですね!
齋藤さん
齋藤さん
やっときたチャンスですからね!

取材・文:のみちたつお(@_nomichi_

この記事をシェアする
Extroomをフォローして最新情報を受け取ろう
齋藤 浩一
ワインコンサルタント/ソムリエ
友人からもらったワインがきっかけで、周囲の反対を押し切りソムリエの道へ。飲食店へのコンサルティングに加え、日本ワインの確立のため地方ワイナリーと都内飲食店をつなぐイベントを行うなど、精力的に活動中。立ち仕事のための体力づくりと腰痛改善に始めた筋トレが趣味。忙しいと筋トレができず身体がしぼむ。