08
SITbics.トレーナー
白井 義将

「歯が欠け、目がうつろに」辛い会社員時代を脱し再出発したトレーナーのお話

08
SITbics.トレーナー白井 義将

「歯が欠け、目がうつろに」辛い会社員時代を脱し再出発したトレーナーのお話

「血便が出たり、歯が欠けてきたり…」割と序盤で笑えない話を始めたパーソナルトレーナー白井義将さん。そんな窮地を救ってくれたのがズバリ、運動。座りながらできる手軽な「SITbics.(シットビクス)」を独自に開発して、みんなに運動習慣を持ってもらうべく、日夜奮闘中だそうです。
エクストボーイ
普段はどういった肩書きでご活動をされているんですか?
白井さん
白井さん
メインはパーソナルトレーナーとして活動しています。以前、新宿で女性専門の加圧トレーニングのジムで勤務していました。その時に培った女性の身体やホルモンバランスに関する知識を活かして、完全紹介制女性限定の『SHIRO GYM』を誕生させて、パーソナルトレーナーという形でやっています。

SITbics.(シットビクス)に関しては、座りながら1畳のスペースと椅子さえあればどこでもできる運動というコンセプトでやらせていただいてます。
エクストボーイ
SITbics.(シットビクス)を本格的に始められたのは今年からでしたよね。
白井さん
白井さん
昔、高齢者の施設などで座りながらできる運動というのを教えていて。座りながらの運動というと激しい運動ではなく、高齢者向けってイメージが強いと思うのですが、椅子を道具としても使えるし、どこでもできるものだなと感じて、何か発展させられないかなと思って考案したのが座る 『sit』と動く『aerobic』を掛け合わせたSITbics.(シットビクス)ですね。
エクストボーイ
パーソナルトレーナーに進んだきっかけとは?
白井さん
白井さん
20代の頃はやりたいことだけをやり続けてきたんですよ。例えば、お芝居をやったり、興味のある仕事をやったり、やりたいこと!やりたいこと!って追求していったんですよ。

ただ、ふと考えた時に、今までの経験も踏まえて、やりたいことプラス周りから求められていることって何だろうと考えて運動の仕事だなと確信して、今やらせて頂いています。
エクストボーイ
もともとトレーナーとしてのご経験があったんですね。
白井さん
白井さん
アルバイトで、フィットネスジムのインストラクターをやっていたことがありまして、格闘エクササイズとか、アクアエクササイズとか担当させて頂いてたんですね。その時に「白井先生〜」って頼ってもらえた経験があって。やっぱり求められてるのはこれだなと感じましたね。
エクストボーイ
白井さんご自身、会社員時代は運動とはかけ離れていたそうですが?
白井さん
白井さん
そうですね。会社員の頃は、終電を逃すこともザラで、会社に寝泊まりすることもあって。段々自分が自分じゃなくなっていく感覚があって。

血便が出たり歯が欠けてきたり目がうつろになっていったり…。このままじゃ人生どうなんだろうと思って。
エクストボーイ
(…え?)
白井さん
白井さん
ある時久しぶりにお休みをいただいた時があったので、学生時代陸上部だったこともあり、久々に走ってみようと思って駒沢公園を1周したんですよ。そうしたらその時に、なんか腰の痛みとか目の疲れとかが全部抜けるような感覚があったんですね。

その時に本当に泣きそうになって、「あぁ、やっぱり人間は運動しないといけないんだな」って改めて思って。それで運動に関わる仕事がしたいと決意しました。
エクストボーイ
あの、歯が欠けた…?血便…って?
白井さん
白井さん
ご飯食べるたびにポロポロ、梅干しの種みたいな硬いものが口の中で引っかかって。どうやら奥歯を噛み締め続けて胃酸が逆流してたみたいです(笑)。

このままじゃ、やばいなあ〜って思いましたね。
エクストボーイ
(笑っていいのか…?)
トレーナーのお仕事に戻られてもうどのくらいになるんですカ?
白井さん
白井さん
もう5、6年くらいですね。SITbics.(シットビクス)もちょっとずつはやっていたんですけど、今年独立するタイミングで本格的にやっていこうと思っています。『SHIRO GYM』をオープンしたのが2018年です。
エクストボーイ
このお仕事を通じてお客様とお話をする中で気づくことってありますカ?
白井さん
白井さん
お客様で、昨日見たTVで腰痛予防の運動とか肩こり解消法を解説してたとかってお話を聞くんですけど、万人に当てはまるわけではなくて、どういう原因から腰や肩の痛みになっているのかは、人により様々なので。目や耳にする情報を全て鵜呑みにしないで、判断基準というのを持ってほしいなと思いますね。

『SHIRO GYM』では、ただ「痩せる」っていうのではなくて、自分で判断できるだけの知識を身につけてもらいつつ、身体をサポートしていきたいですね。
エクストボーイ
なるほど。様々な情報はありますが取捨選択はなかなかできないんですね。
白井さん
白井さん
あとは、単純に普段から運動するっていう考え方を持てていないのかなって。やっぱり、話を伺っているとずっと同じ姿勢でパソコンとにらめっこしてる人が多いと思います。だんだん健康ブームになってきて情報はあるけど、動けていない。

トイレに行きたくなくても、2時間に1回、椅子から立ち上がって少し動くだけでも違うとか、そういう自分で改善できるポイントはあるのに、やはりそこまでアクションを起こせないっていうところがあるのかなって思います。
エクストボーイ
情報だけあって実際にやれていないところがマズいんですね。
白井さん
白井さん
1週間に1、2回来てくださるお客様に対しては1、2時間身体の調子をみることはできるんですけど、それ以外の時間は本人の管理も必要です。

そこは本人のマインドが変わるしかないかなと考えています。その部分でお客様が少しでも自分の生活に運動を取り入れたりストレッチをしたりっていう時間をとる意識を持ってほしいですね。
エクストボーイ
白井さんご自身の体験もあり、やはり熱が違いますね。
白井さん
白井さん
いや本当にそうです(笑)。当時さすがに結構SOS出してたんです。前いた会社で月1回のカウンセリングみたいなのがあって、辛いんですと色々吐き出したんですけど、業務的で全然相手にされなくて。

多分自分みたいな人って結構いるだろうなと思います。そういう人の支えに少しでもなれたらなと感じました。
エクストボーイ
ところで、ストレッチをして身体を伸ばすことにそもそもどんな意味があるんでしょう…?
白井さん
白井さん
多くの人の身体つきは左右対称ではなくて微妙にズレがあって。それは普段の生活スタイルや、歩き方や仕事とかで左右差があるからなんですね。そこを伸ばしておかないと、例えばそのまま筋トレをすると身体が歪んだまま筋肉が付いていってしまって、どんどん元に戻すのが大変になったりします。

ストレッチ=身体を整えることで、男性らしい、女性らしい綺麗な身体つきに近づけられると思います。
エクストボーイ
身体が歪んだままの状態だといろんな弊害が出てきそうですね…。
白井さん
白井さん
面白いのがお客様と仕事とか普段の生活についてお話していくうちに、ここが原因なのでは…というような傾向がわかったりして。お互いに身体についての発見があるんです。実際に、それをもとに調整していったらまさに3ヶ月後、全く痛まなくなったとかっていうことがあります。

そういう発見が面白くて、お客様も自分の身体を見返すことができるっていう部分で、何かお役に立ててる部分もあるだろうし、お客様も、自分の身体を投げやりにしないで、大切にするっていう気持ちになってくれるので、やりがいある仕事だと思いますね。
エクストボーイ
今後のご活動はどのようにしていきたいですか?
白井さん
白井さん
SITbics.(シットビクス)は、ありがたい事にお仕事の依頼もあり、自分で営業かけることもあります(笑)。繋がりで地道に広げていっているところです。イベントとかに呼ばれることはすごく達成感もあるし、お客様からの反応も良いのでぜひ続けて行きたいです。

運動する習慣、簡単にできるんだ!っていう気づき、オフィスで自宅で身体が凝り固まっている方などにお伝えしていきたいですね!
エクストボーイ
SITbics.(シットビクス)は今後どのようにしていきたいですか?
白井さん
白井さん
SITbics.(シットビクス)についてはまだまだ発展途上というか。今の仕事の割合としてはパーソナルトレーナーが8割くらいなので。やりたい人には誰でもやってほしいというくらい思いがあります。

やっぱりイスと1畳のスペースさえあればどこでもできるので、身体ほぐしたいな、とかちょっと筋トレしたいな、っていう時にオフィスや家でできますし、思い立ったらSITbics.(シットビクス)!というような環境になることが将来の野望というか、夢ですね!
この記事をシェアする
白井 義将
SITbics.トレーナー
神奈川県出身、12月24日生まれ。自身が会社員時代にハードワークで身体を壊し、それを運動に救われた経験から、トレーナーとして再出発。気軽な運動習慣のためのSITbics.(シットビクス)を開発。現在は自身の『SHIRO GYM』やイベント、企業に出向き、社会人の健康サポートに奮闘中。