カレー研究家スパイシー丸山

365日カレーを発信し続けるカレー研究家のスパイシーな想いとこれから

カレー研究家兼カレーラッパーとして日々カレー情報を発信し続ける男、スパイシー丸山。 読んでるだけでスパイス香る、彼のカレー愛と飽くなき探究心。そしてカレー活動への想いと展望。しかも趣味で。 ダテにターバン被っちゃいない。
たつお
たつお
カレー研究家とのことですが、一体どんなご活動をされているんでしょうか?
スパイシーさん
スパイシーさん
ブログでカレーに関する情報を発信したり、テレビ番組のカレー企画に出演させていただいたり、日本野菜ソムリエ協会でカレーマイスター養成講座の講師をさせていただいたりしています。
たつお
たつお
すでにカレーがお仕事ですね。
スパイシーさん
スパイシーさん
いえ、本業はちゃんと事務所に所属して司会業、ナレーション業をやってます。みなさんがよく知らないところで、実は僕の声がちょっと流れていたりします。

構成作家も過去にやってたんですが、人の構成書くよりもやっぱり自分が出るのが好きみたいで(笑)。
たつお
たつお
ということは、本名でも活動されてるんですか?
スパイシーさん
スパイシーさん
本業はもちろん、カレーマイスターの講師も本名でやっています。

ふざけてると思われちゃうので(笑)。
たつお
たつお
確かにインパクト強いお名前ですが、カレー研究家として発信を始めたきっかけは何だったんでしょう?
スパイシーさん
スパイシーさん
入り口は単純で。好きで、興味があったからですね。何かブログを書こうかなと思ったときに、何かひとつ自分の得意な、好きなことをテーマにしようと思って。

自分の好きなもの、カレー。
人生初めてのアルバイト、カレー。
ずっと食べ続けているもの、カレー。
飽きないもの…
たつお
たつお
カレー。(食い気味)
スパイシーさん
スパイシーさん
お店食べ歩いたり、好きな者同士で語り合ったりして。興味関心は深まるばかりだけど、知識が追いつかない。とはいえ連日お店に行くにもお財布事情も追いつかない。

だったら自分で作って勉強してみよう理解してみよう…っていろいろと発展していったんですよね。
たつお
たつお
カレー活動の発展形として「カレー夜会」なんてイベントもされていたそうですね。
スパイシーさん
スパイシーさん
手作りカレーも振る舞うし、メニューの解説もするし、カレーラッパーとしてカレーラップも歌うし、エンターテイメントショーを全力でやってました。これが面白いんですよ。我ながら好奇心をくすぐるイベントだと思ってます。

が、全力でやるがゆえに喉が潰れる。すると本業を2、3日休まないといけない。当日の準備を3日前くらいから始めていたので、結局1週間くらいかけてカレー夜会というのをやってましたね。
たつお
たつお
(カレーラップ…?)異様な気合の入りようですね。
スパイシーさん
スパイシーさん
そもそもの話でいうと、カレー好きな人って世界規模で見るとそんなにいないんですよ。カレー文化があるのはインド周辺の国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ミャンマー、タイ、といった南〜東南アジア、かつてインドを植民地支配していたイギリスくらい。

不思議なもんで、日本って文化的には大して関係無いのにバクバク食べてるんですよね。
たつお
たつお
日本人はカレー好きですよね。
スパイシーさん
スパイシーさん
ある意味カレー指数が高い国なんだけど、みなさんは市販の固形のルーでカレーを作りますよね。そして美味い。で、僕がスパイスからカレーを作ると、べらぼうに美味いと、みんな驚くんです。

でもね、これまでやり続けてきた結論、そんなに難しくないんですよ。
たつお
たつお
そうは思えないんですが…。
スパイシーさん
スパイシーさん
小難しいレシピはいらないっていうスタンスなんです、僕は。普段みなさんいろんな料理をレシピ見ながら器用に作るじゃないですか。それが「スパイス」って言った瞬間に料理のハードルが上がっちゃうんですよ。「クミン」とか「コリアンダー」とかってワードを出しただけで、作らなくなるんですよ。

これが「カレー粉」になるとみんなやりたがるんですけど。
たつお
たつお
確かに。一気にハードル下がりますね!
スパイシーさん
スパイシーさん
えぇ!?同じ粉じゃん!って(笑)。ここの壁を崩すようなこと、これがやるべき活動だと思ってます。

だって炒めて水入れて塩入れて煮込むだけだから!
「カルダモン」「クローブ」「ターメリック」って聞き慣れないかもしれないけど、「カレー粉入れて煮込むだけ」って言えばできそうじゃないですか。
たつお
たつお
(さっきとスパイスの名前が変わった…)そもそもどうやって作ってるかを知らないんですよね。
スパイシーさん
スパイシーさん
うん、あとはそこまでして作りたくないのかな(笑)。

でも別に大して高いもんでもないんですよ?市販のカレールーと同じ。粉。
たつお
たつお
…本業はカレーじゃないんですもんね?
スパイシーさん
スパイシーさん
カレーじゃないです。いや、本業になったらなったで面白いですけど(笑)
たつお
たつお
そこまでカレーを発信し続けるモチベーションってなんでしょうか?
スパイシーさん
スパイシーさん
本当に勿体無いと思ってて!

多くの人がお家で作る固形のルーを溶かすってやつで。あとはあのお店が美味いよねくらいで止まっちゃってる。でもその先にいろんなカレーがあるんです。

カレーの奥深さに面白さが、魅力があるから、どう魅力的に発信できるかというのは考えながらやってます。
スパイシーさん
スパイシーさん
たしかに固形のルーも美味しいよ!だけど他にもあるから!
たつお
たつお
(ヒートアップしてきた)
スパイシーさん
スパイシーさん
俺知ってんだぜ、すごいだろ?っていうよりも、みんな知らないだけで良いのは他にもあるんだよって伝えたいんです。知ってる人同士なら共通言語だけど、そうでない人にはやっぱり届かないというか。

そこに到るまでのゆるい情報、中間情報をもっと届けていかなきゃいけないのかなと思います。
たつお
たつお
なるほど。どの世界でも言えることですが、カレーのような国民食でも関心層と無関心層の知識格差は激しいんですね。
スパイシーさん
スパイシーさん
ただ、僕はそういう共通言語とかを全部疑ってて。ひょっとして嘘なんじゃないかと。

だからインドの方に聞いてみたり。で、その方も嘘なんじゃないかと疑う。その方はそう認識してるけど、インド全体での話ではないということもあり得るし。たまたま日本にきたインドの方の話が勝手に一人歩きしちゃってることだってあり得るだろうし。自分で調べて、自分なりの着地点を探してます。
たつお
たつお
常識が覆る快感ってありますよね。
スパイシーさん
スパイシーさん
例えば、インド人って普段ナン食べないんですよ。普段はもっとペラッとしたものを食べてて。ナンはレストランで食べるようなちょっと高級パンなんです。
たつお
たつお
え、そうなんだ!
スパイシーさん
スパイシーさん
かつ、インドのナンって丸いんですよ。だからインド人シェフがみんな、「なんで日本のナンってヒョロ長いの…?日本でしか見たことないよ」って言うんです。でも調べると、インドにも実はヒョロ長いナンはあったりして。

こういう新事実に出会えることがブログを続けるモチベーションのひとつでもありますね。
たつお
たつお
ご自分でカレーお作りになるそうですが、お店を出したいという野望はあったりするんでしょうか?
スパイシーさん
スパイシーさん
確かに、お店やりゃいいじゃん!って話もあったんです。

ただ、好きなことを仕事にするって思ったときに、例えば、
ケーキを作るのが好きだからケーキ屋になる、 正解。
ケーキは好きだが作ることには興味がない。だから評論家になる、正解。

そこを明確にしないと間違っちゃうと思って。
たつお
たつお
その通りですね。
スパイシーさん
スパイシーさん
僕自身カレー作りの腕は、自分で言うのもなんですけど、それなりに美味しいものをつくれるんですよ。僕も美味しいと思うし。

ただ、人に料理を振る舞って「美味しい」って言われて喜びを感じる性格ともちょっと違うんです。どっちかといえばイベントが面白い方がいいんですよ。エンターテイメントの要素のひとつとして料理があるくらい。そこを突き詰めるとお店を出すのは違うのかなと思ったりします。
たつお
たつお
本名で講師をされていると伺いましたが、スパイシー丸山として「スパイシー先生」的なご活動もされるんですか?
スパイシーさん
スパイシーさん
「スパイシー丸山」って響きがふざけてるじゃないですか?良くも悪くも先生的な立ち位置でやってきてないから、どっちかっていうと友達に教える感覚なんですよね。

でも、ブログももう7年くらいやってるから、カレーに関する記事って結構な数が僕の記事だったりしますね(笑)我ながらいろんなこと書いてるなと思いますけど。今でも暇があればカレーニュース探してます。

美味しいカレー屋さんを知りたければ、「駅名 スパイシー丸山」で検索すれば出てくると思いますよ(笑)
たつお
たつお
もはやグルメサイト並だ…。
そんな大好きなカレー活動の意義ってどこにあるんでしょうか?
スパイシーさん
スパイシーさん
続けてると色々新しい料理がでてくるので、単純に好奇心・探究心が続いているから、南アジアのこともう少し知りたいなとか、スパイスのこと知りたいなとか。生涯学習じゃないですけど、学ぶのは好きなんですよ。

好奇心を満たせる趣味として生涯続けること。で、あわよくばタレントとして…ってところですかね(笑)。
たつお
たつお
…本業はカレーじゃないんですもんね?(2度目)
スパイシーさん
スパイシーさん
カレーじゃないです。でも自分のカレースキルを使って、もし仕事になるのなら最高だし、その可能性があるならぜひその世界を見てみたいです。

発信を続けているうちに、本業にいろんな形でリターンがあったり、名前を覚えてもらえたり、テレビ見たよ!って言っていただけて面白い繋がりができたり。まだまだそういうのがあるから、もう少しやっていこうと思ってます。

取材・文:のみちたつお(@_nomichi_

この記事をシェアする
Extroomをフォローして最新情報を受け取ろう
スパイシー丸山
カレー研究家
北海道出身。1974年11月1日生まれ。ラジオDJやナレーター、放送作家などの仕事の傍ら、趣味のカレーを自身のブログ「カレーなる365日」にて発信し続け、そのカレー愛は「カレー夜会」や「カレーラップ」に昇華。カレー店巡りからカレー作りに到るまで、カレーに関わる幅広い活動を展開中。
スパイシー丸山さんが出演している動画
こんなにあるの?日本で楽しめるカレーの種類とその違い