プロソフトクリーマー森川 勇一郎

旅行と野球とソフトクリーム そして「シメパフェ」プロソフトクリーマー森川の旅は続く

こんにちは、エクストボーイです。 最近、寒くなってきましたね。僕は毎朝、布団の吸引力と戦うので精一杯です。

さて、寒くなってきて暇しているということで今回は、プロソフトクリーマーの森川さんを取材しました。

「プロソフトクリーマー」ってなに?ってところから、森川さんの興味深いキャリア、そして奥深いソフトクリームの世界について聞きました。
エクストボーイ
本日はお忙しい中ありがとうございます。
森川さん
森川さん
いえ、最近暇してるんで全然大丈夫ですよ
エクストボーイ
暇なんですか?
森川さん
森川さん
暇ですね。
エクストボーイ
仕事無いんですか?
森川さん
森川さん
(笑) 寒くなってくると、ソフトクリームはオフシーズンに入ってしまうんですよ。営業してない店舗とかも多くなるので、食べるソフトクリームが無くて暇してるんです。

それでも最近は冬アイスブームで、冬でも美味しいソフトクリームが食べられるお店が増えて来て嬉しいですけどね。
エクストボーイ
なるほど。冬に食べるソフトクリームも美味しそうですけどね。
森川さん
森川さん
そう思いますよね? 実際美味しいんですよ冬のソフトクリーム。室内は温かいし、空気が乾燥しているので美味しく感じると思うんですけどねー。
エクストボーイ
というわけで森川さんはソフトクリームを極めている「プロソフトクリーマー」ということですが。
森川さん
森川さん
はい、そうですね。
エクストボーイ
そもそもプロソフトクリーマーって何なんですか?
森川さん
森川さん
うーん、定義が難しいですねぇ(笑)「ソフトクリームをたくさん食べる人」ですかね。
エクストボーイ
食べるだけですか?
森川さん
森川さん
まぁ基本は食べるだけですね。食べて「こんなソフトクリームがこんな所にありますよー」という感じでSNSで発信するのが僕の仕事かな、と。

昨日も札幌に出張に行ってたんですけど。
エクストボーイ
それは当然…
森川さん
森川さん
ソフトクリームを食べるためにですね。
エクストボーイ
実際どれくらい食べてるんですか?
森川さん
森川さん
今回の出張は5日間だったんですけど、だいたい1日4~5つくらい。あとたまにかき氷とかパフェとか食べてましたね。
エクストボーイ
お腹こわしそうですね。
森川さん
森川さん
冷たくて甘いものが好きなんでしょうね(笑)
エクストボーイ
今までどれくらいソフトクリーム食べてきたんですか?
森川さん
森川さん
いやー数えてないですね。あまりにも食べてるので。毎日1個は食べてるんで年間365個以上は確実に食べてますね。取材とか出張とかがあると1日に何個も食べたりするので、多分年間700~800個くらい。活動を初めて3年くらいなので、生涯で言うと2,500個は超えるんじゃないんですかね~。
エクストボーイ
そんなにソフトクリームばかり食べてて飽きないんですか?
森川さん
森川さん
基本美味しいので飽きないですけど、連続で食べ続けるとやっぱり味がぼやけてしまうので、ソフトクリームとソフトクリームの間にしょっぱい物食べてリセットしますね。

寿司で言うところのガリみたいな感じ。フライドポテトが多いですね。
エクストボーイ
食生活はやっぱりソフトクリーム中心ですか?
森川さん
森川さん
そうですね。ソフトクリームが主食ですね。
エクストボーイ
でた、主食にしちゃう系。いつからそんなにソフトクリーム好きなんですか?
森川さん
森川さん
どうですかねー。自分は出身が札幌で、札幌って牧場ミルク系のソフトクリームのメッカなんですよ。ソフトクリーム店もたくさんあるんです。だから、結構昔から身近にソフトクリームがあったんだと思います。
エクストボーイ
活動初めて3年ってことでしたけど 、本格的にソフトクリーム活動を始めるきっかけってあったんですか?
森川さん
森川さん
旅行会社とかプロ野球チームで働いてたんですけど、結構出張とか遠征が多いんですよ。それで行く先々でアイス食べてSNSに投稿してたんですよ。

そしたら日本アイスマニア協会ってところに誘っていただいたんです。

一般社団法人 日本アイスマニア協会: コンビニアイスで有名なアイス評論家のアイスマン福留氏が代表理事を務めるアイス好きの団体。アイスクリーム万博「あいぱく」などを主催している。現在森川氏は協会の理事を務める。

森川さん
森川さん
それでそのときに自分の投稿を見返したら、やたらソフトクリームが多いってことに気がついて。

多分自分でも意識せずにソフトクリームばっかり食べてたんでしょうね。
エクストボーイ
それで「自分はソフトクリームで行こう」って思ったんですか?
森川さん
森川さん
そうですね。その当時も今も、ソフトクリームを題材にしていてあまり目立っている人はいなかったので。
エクストボーイ
Twitterとか見てるとホントにひたすらソフトクリーム食べている印象なんですけど。
森川さん
森川さん
はい(笑) ただただソフトクリーム食べてますね。
エクストボーイ
これってお金になるんですか?
森川さん
森川さん
まぁならないですよね(笑) 取材とか出演はたまにありますけど、ソフトクリームからの収入はあまりないです。
エクストボーイ
どうやって生活してるんですか?
森川さん
森川さん
不動産やっていたり、四国アイランドリーグplusっていう野球の独立リーグがあるんですけど、そこの理事をやっていたり、旅行の仕事とかスポーツマネジメント会社とか非常勤の仕事が多いですね。

だから時間は結構あって、あとは色んな仕事で地方に行くことが多いので、その度にソフトクリーム見つけては食べてますね。
エクストボーイ
特殊ですね
森川さん
森川さん
旅行好きだったんですよ。色んな国に行きたくて。それで旅行会社に就職して営業職として添乗に行ったりもしていたんです。
エクストボーイ
シンプル
森川さん
森川さん
それで一通り色んな国に行けたので「やりきったなぁ」と思って。

それで当時楽天イーグルスの立ち上げの時期で職員募集してたんで入ったんですよ。野球すごい好きだったので。
エクストボーイ
シンプル
森川さん
森川さん
それで2013年に楽天イーグルが日本シリーズで初優勝して、立ち上げから加わってたチームが日本一までなったんでまた「やりきったなぁ」と思って辞めたんです。
エクストボーイ
好きなことを仕事にして、やり尽くしたら辞めるのがパターンなんですね。
森川さん
森川さん
そうですね(笑)ストーリーが1つの節目を迎えたら辞めるというか、やりきったなぁと思って辞める感じですね。

ソフトクリームも好きだからやってるわけですから。
エクストボーイ
ソフトクリームのストーリーに終わりはあるんですか?
森川さん
森川さん
どうですかねぇ(笑) ホントに多すぎて食べきれないですし、どんどん新しいものが出てくるのでしばらくはゴールは無さそうですね(笑)
エクストボーイ
好きなことを仕事にしてきた感じだと思うんですが、何かポリシーみたいなのはあるんですか?
森川さん
森川さん
いや、特に意識したことはないですけど。仕事を仕事と思わずに楽しんで来たのかもしれませんね。

パーカーにもソフトクリーム

エクストボーイ
最近のソフトクリーム界隈で注目していることとかありますか?
森川さん
森川さん
最近はですね、「シメパフェ」「シメソフトクリーム」が来てますね
エクストボーイ
なんですかそれ?
森川さん
森川さん
お酒飲んだあとに食べるラーメンを「シメラーメン」って言うじゃないですか?あれと同じ感じで飲んだあとにパフェとかソフトクリームを食べるんですよ。
エクストボーイ
あんまり馴染みがないですね
森川さん
森川さん
でしょ?でも実は札幌では結構昔からある文化なんですよ。それが最近また盛り上がりを見せていて、新しいシメパフェのお店がたくさんできてるんです。シメパフェなので夜遅くまで営業してます。
エクストボーイ
そうなんだ
森川さん
森川さん
ただやっぱり札幌はソフトクリームの激戦区なので、各お店すごいこだわった個性的なソフトクリームがたくさんあるんですよ。

それもインスタ映えする感じの可愛いのとかゴージャスなのが多くて面白いですね。
エクストボーイ
お酒とパフェって合うんですか?
森川さん
森川さん
それが結構合うんですよ。お酒を楽しみながらソフトクリームを楽しめるお店なんかもありますし、ソフトクリームにリキュールをかけて食べるお店なんかも流行ってます。
エクストボーイ
へー
森川さん
森川さん
ソフトクリームって結局牛乳なので、お酒を牛乳で割る飲み方って結構あるじゃないですか。そういう意味ではお酒とソフトクリームって相性はもともといいんですよね。

シメパフェを楽しむ森川さんのツイート

森川さん
森川さん
ソフトクリームって結構日本独特の文化で。
エクストボーイ
ほう
森川さん
森川さん
あんまり外国でソフトクリームって聞かないんですよね。

一部韓国とかではあるんですけど、ほとんど見ない。ここ最近は増えてきた気もしますが、それでも日本のソフトクリームだったりすることもありますし…
エクストボーイ
たしかに。
森川さん
森川さん
でも日本だと観光地とかパーキングエリアとか人が集まるところだったらだいたいあるじゃないですか。あれは日本独特の文化なんですよね。
エクストボーイ
そういう地域色が反映されてるソフトクリームも面白かったりするんですか?
森川さん
森川さん
まさに、それがソフトクリームの魅力の1つだと思うんです。その地域とか、そのお店でしか食べられないご当地性とかオリジナリティっていうのはソフトクリームの面白いところですね。
エクストボーイ
ソフトクリームの魅力ですか。他にもあるんですか?
森川さん
森川さん
アイスってありますよね。
エクストボーイ
はい。
森川さん
森川さん
ソフトクリームって要は、新鮮なアイス。できたてのアイスなんです。
エクストボーイ
なるほど。

ソフトクリームはできたてのアイスと語る森川さん

森川さん
森川さん
食べ物って基本的に何でも出来たては美味しいじゃないですか。

そういう意味でソフトクリームはできたてのアイスですから、まあ美味しいわけですよ。
エクストボーイ
なんとなくわかる気がする。
森川さん
森川さん
加えて、ソフトクリームって時間が経つと溶けちゃうじゃないですか。家に持ち帰れないんですよ。アイスなら冷やせばいいけどソフトクリームはその場で食べなきゃいけない。

その希少性と、さっき言ったご当地性とかオリジナリティっていうところで、とても広がりのある食べ物なんです。
エクストボーイ
そこまでソフトクリームにのめり込む森川さんがやりたいことってなんですか?
森川さん
森川さん
まず1つはソフトクリームと言えば森川って存在になりたいですね。

ソフトクリームってグルメサイトとかでも情報がそんなに無くて、整理された知識ってあまり世の中に無いんですけど僕は誰よりもソフトクリーム食べてる自信はあるので、色んな人達がソフトクリームを知る入り口になりたいですね。
エクストボーイ
確かにソフトクリームの情報って探そうとしても難しいかもしれないですね。
森川さん
森川さん
そうなんですよ。あとはもっと多くの人にソフトクリームを知ってほしいですね。知られざる美味しいソフトクリームとかあるので。

旅行に行ったときに目的地の1つになるような、そういうソフトクリームの存在を知ってもらいたいです。
エクストボーイ
知られざる美味しいソフトクリーム知りたいですね。
森川さん
森川さん
例えば長崎のニューヨーク堂っていうカステラ屋さん出している「長崎カステラ生ソフト」はカステラの上にカステラ味のソフトクリームが乗っていて絶品です。
エクストボーイ
美味そう
森川さん
森川さん
イベントで出したら2時間待ちになりました。
エクストボーイ
つよい
森川さん
森川さん
やりたいことでいうと、オリジナルのソフトクリームも作ってみたいですね。あとはソフトクリームツアー。
エクストボーイ
ソフトクリーム食べる旅行ってことですか?
森川さん
森川さん
そうです。ソフトクリームって日本全国にあるので九州からバスで北上しながらソフトクリームばっかり食べて、札幌でゴールするとか。

北海道の新千歳空港ってソフトクリーム天国なので、飛行機乗って新千歳空港行って、空港の中だけでソフトクリーム楽しんでそのまま帰るとか。
エクストボーイ
いいですね
森川さん
森川さん
シチュエーションも作っていきたいですね。

ソフトクリームが美味い瞬間ってあるんですよ。風呂上がりのビールが美味いみたいな感じで。そういうことしていきたいです。
この記事をシェアする
Extroomをフォローして最新情報を受け取ろう
森川 勇一郎
プロソフトクリーマー
日本アイスマニア協会理事。旅行代理店のJTB、東北楽天ゴールデンイーグルスの職員を経て、現在はプロソフトクリーマーとして日本全国・世界のソフトクリームを食べ続けている。いままで食べたソフトクリームは2,500個以上。冬はソフトクリームがオフシーズンのため比較的暇らしい。