毎日自炊でインドカレー印度カリー子

日本の食卓にインドカレーの衝撃を!毎日自炊インドカレー女子 印度カリー子

今回ご紹介するのは、現役の大学生で毎日自作のインドカレーをSNSに投稿しているインドカレー好き。その名も印度カリー子さんです。

名前のインパクトが凄まじいですが、このお名前にもしっかりしたら理由があったり、インドカレーが好きすぎて自分でスパイスキットを販売したりと、只者ではない印度カリー子さんの活動を取材しました。
イマムラ
イマムラ
印度カリー子さん。
カリー子さん
カリー子さん
はい。
イマムラ
イマムラ
ちょっと長いので呼び方を変えたいのですが、なんとお呼びすればいいでしょうか?
カリー子さん
カリー子さん
普段は「カリー子さん」って呼ばれることが多いですね(笑)。
イマムラ
イマムラ
ではカリー子さん。
カリー子さん
カリー子さん
はい。
イマムラ
イマムラ
インドカレーを作ってるんですよね。
カリー子さん
カリー子さん
そうですね。インドカレーを作ってレシピをブログに書いたり、スパイスセットを作って販売したりしています。
イマムラ
イマムラ
現役の大学生でもあるんですよね?
カリー子さん
カリー子さん
はい、物理学科4年生です。
イマムラ
イマムラ
毎日インドカレー作って食べてるんですよね?
カリー子さん
カリー子さん
はい。

キッパリ

イマムラ
イマムラ
…なんでそんなにインドカレー好きになっちゃったんですか?
カリー子さん
カリー子さん
姉がインドカレーが好きだったんですね。その姉と同居しているときに、私は料理好きだったので姉のためにインドカレーを作ろうとしたのがきっかけです。そのときにインドカレーの魅力を知りました。
イマムラ
イマムラ
インドカレーの魅力ってどんなところですか?
カリー子さん
カリー子さん
主に3つあります。
1つ目は、スパイスを合わせるだけでカレーが出来る感動があること。
2つ目は、使われている食材が単純で安価であること。
そして3つ目は、素材やスパイスの組み合わせによって種類が無限大であることです。
イマムラ
イマムラ
整理されていて大変助かります。カリー子さんは自分でインドカレーを日々作っているわけですけど、インドカレー作りはなんで始めたんですか?
カリー子さん
カリー子さん
もうインドカレーの魅力そのものがカレー作りなんです!食べに行くことにはあまり興味がないんです。

でも一般の人は、インドカレー作りって全然わからないじゃないですか。
イマムラ
イマムラ
全然わからないですね。
カリー子さん
カリー子さん
ですよね。それで私はブログを始めるんです。レシピがあれば作れるんじゃないかって。ただ、それでもわからないんですよね。

その理由というのが、スパイスなんです。
イマムラ
イマムラ
なるほど。
カリー子さん
カリー子さん
スパイスの種類と調合って難しそうですよね。
イマムラ
イマムラ
めっちゃ難しそうです。
カリー子さん
カリー子さん
でも作り方は非常に単純です。作り方が単純なのにスパイスのせいで難しそうっていうイメージが先行しているなら、スパイスの方を簡単にしてしまえばいいじゃないか!と思って作ったのがこのスパイスキットです!
イマムラ
イマムラ
完璧な流れで宣伝はさみましたね。カレー作りの楽しさってなんですか?
カリー子さん
カリー子さん
1つは日本にはない香りですね。
日本の料理って醤油とか味噌とか長時間熟成させているものが多いんです。基本的に香りというのは揮発性なので、熟成させるとなくなります。
イマムラ
イマムラ
なるほど。
カリー子さん
カリー子さん
日本は食事の中心は「和」ですね。調和を意識するんです。たぶん綺麗な水があるっていう環境がそれを生んだんだと思うんですけど。一方でインドは全然環境が違うんです。インドには綺麗な水がないので、油を食事に活かす何かが必要なんですね。

油では調和を生み出しづらいですから、そこで強みが出てきたのがスパイスなんです。スパイスは非常に親油性が高いんです。
イマムラ
イマムラ
ふむふむ
カリー子さん
カリー子さん
だから日本の料理とインドの料理って両極にあるような存在なんですよ。
イマムラ
イマムラ
そんな感じしますね。
カリー子さん
カリー子さん
なのでインドカレーを作ると、家の中でびっくりするんですよ。何だこれはっ!?この香りはっ!この味はっ!ってなるんですよね。

家のキッチンで圧倒的な衝撃をうけたらその後はもう、カレーをやめることは出来ないですよね!
イマムラ
イマムラ
たしかにそれは不可能ですね。
カリー子さん
カリー子さん
それで、みんななんでそれに気付いてないんだろうって思ったんです。
イマムラ
イマムラ
気付いてないですね。
カリー子さん
カリー子さん
それで、やっぱりカレーのスパイス調合が難しそうなのでハードルが高いっていうところがあったんです。だったらそこを簡単にしてあげればいい、ということでスパイスキットを作り始めるんです。
イマムラ
イマムラ
素晴らしい。
カリー子さん
カリー子さん
私がインドカレーを届けたい人は主婦の方たちなんです。「今日ご飯どうしようかな~めんどくないな~」ってときにインドカレーを作って「なんだこれはっ!」ってなって欲しいです(笑)。そしたら毎日の食事が楽しくなると思うんですよ。
イマムラ
イマムラ
全国のお母さんをびっくりさせたいと。
カリー子さん
カリー子さん
しかも今は健康社会ですから効果効能はバッチリ。スパイスは漢方と同じように、薬膳ですから。
イマムラ
イマムラ
確かに完璧ですね、インドカレー。
カリー子さん
カリー子さん
これ見て欲しいんですけど。
イマムラ
イマムラ
なんかすごい絵本みたいなパッケージですね。
カリー子さん
カリー子さん
そうなんですよ。女性やお子さんのいるお母さんに気軽に手にとって欲しいんですけど、やたらオシャレにしちゃうと難しそうじゃないですか。

でもこのスパイスキットは、ベリィ~イージーなんですよ。
イマムラ
イマムラ
ベリィ〜イージー
カリー子さん
カリー子さん
だから「本格的」とか「エスニック」とか「インド感」って要素を全部排除したかったんです。

それで難しさと対極にあるのはなんだろうって考えて、絵本的表現のパッケージにしているんです。
イマムラ
イマムラ
めっちゃ考え尽くされてますね。

オシャレなパッケージの製品も

イマムラ
イマムラ
インドカレーが好きすぎてインドまで行っちゃったんですよね?
カリー子さん
カリー子さん
はい、インドは2回行きました。

1回目はさと2さんと行ってました。カレーのためだけに南インドに行って、ひたすらカレー食べてました。

さと2 (さとつー)… 管理栄養士の資格を持つエンジニアで週8でカレーを食べているらしい。インスタにカレーを写真を日々投稿している。(彼女のページはこちら

カリー子さん
カリー子さん
先月もインドに行ってきたんですけど。お腹ピーピーに壊して、成田で搬送されました。ブログにレポートしてるのでぜひ読んでください(笑)。
イマムラ
イマムラ
インドの印象はどうですか?
カリー子さん
カリー子さん
いや~やっぱりインド最高ですね!
イマムラ
イマムラ
どんなところが?
カリー子さん
カリー子さん
カレーが美味しいところですね!
イマムラ
イマムラ
なるほど(笑)。カレーで言えば天国みたいなところですからね。
カリー子さん
カリー子さん
カレーが好きだからインドも好きになったんです。文化とかは結構あとのほうなんですけど、好きになりました。

大らかで「なんでもオッケー、なんでもノープロブレム!」みたいな感じが好きです。
イマムラ
イマムラ
印度カリー子って名前が印象的なんですけど、この名前はどうやって決まったんですか?
カリー子さん
カリー子さん
印度カリー子は、ホント秒で決まったんです。一生忘れないじゃないですか。

印度カリー子さんです。

イマムラ
イマムラ
インパクトは抜群だと思います。
カリー子さん
カリー子さん
私が本名で「インドカレーが好きな大学生」をやっていたら、例えば誰かが話題に上げてくれたときに「インドカレーがめっちゃ好きな女子大生いるんだよ。名前なんだっけ~」ってなると思うんですけど、「印度カリー子」ならインドカレーの人ってことで一発で覚えてもらえるじゃないですか。
イマムラ
イマムラ
間違いなく強烈なインパクトですね。
カリー子さん
カリー子さん
ですよね!私はインドカレーの魅力を一人でも多くの方に広めたくて、そのために絶対に忘れない、そして何をしているかすぐに分かる名前が欲しかったんです。
イマムラ
イマムラ
なるほど、そういうマーケティング的視点からきた名前なんですね。
カリー子さん
カリー子さん
いや実はそうではなくてですね。ビリヤニ太郎さんってご存知ですか?
イマムラ
イマムラ
ビリヤニ太郎???
カリー子さん
カリー子さん
私がカレーのことを調べていたときに知った人なんですけど。

ビリヤニ太郎…日本ビリヤニ協会(後述) 会長、中部支部長。「ビリヤニ太郎のブログ」を運営、ビリヤニ(後述)の情報発信を行っている。

Twitterはこちら

Blogはこちら

日本ビリヤニ協会…ビリヤニ太郎氏が会長を務める、日本でのビリヤニの普及を掲げる団体。2011年にビリヤニ太郎氏が設立。略称はNBA (Nippon Biriyani Association)。スローガンは「ビリヤニを国民食へ」。「ラーメン、牛丼、ビリヤニ」で悩む日が来ることを目指している。ビリヤニキットやビリヤニスパイスセット、5言語で「ビリヤニください」と書かれたビリヤニTシャツ(国際版) なども販売している。

ビリヤニ…インド及びその周辺国で食べられている、スパイスと肉の炊き込みご飯。現地では国民食として愛されているらしい (参考:日本ビリヤニ協会HP

イマムラ
イマムラ
ちょっと情報量が多すぎて注釈を3つも使ってしまいましたけど、ビリヤニ太郎さんが今の話とどう関係してくるんですか?
カリー子さん
カリー子さん
ビリヤニ太郎さんなんて人がいるのか!?何と強烈な名前なんだ!って思ったんですけど。
イマムラ
イマムラ
確かに目に留まりますよね。
カリー子さん
カリー子さん
でも1ヶ月くらいしたあとに思い出すときに、「あのビリヤニの方、、、ビリヤニ太郎さんだ!!」という感じで強烈なインパクトとして残ってるんですよね。
イマムラ
イマムラ
強烈なのは間違いないと思います。
カリー子さん
カリー子さん
というわけでビリヤニ太郎さんに倣って印度カリー子になりました。
イマムラ
イマムラ
インパクトという意味では完璧に成功していると思います。
カリー子さん
カリー子さん
ビリヤニ太郎さんとはちょうどその1年後にお会いして今の話をしました。すごく仲良くしてもらってて、先日もインドのお話をしたりしました。
イマムラ
イマムラ
ビリヤニは僕もインドで食べたことがあります。衝撃的な美味しさでした。
カリー子さん
カリー子さん
ビリヤニ食べるならハイデラバードに行くべきですね。
イマムラ
イマムラ
ハイデラバード!?

ハイデラバード…インド中南部の都市。マトン・ビリヤニが名物料理。

カリー子さん
カリー子さん
ハイデラバードはビリヤニの聖地って呼ばれてて、ハイデラバディビリヤニっていうのがあるんですよ。
イマムラ
イマムラ
覚えておきます。
カリー子さん
カリー子さん
ハイデラバディビリヤニっていうラップもあるんですよっ!
イマムラ
イマムラ
なんかちょっとよくわかんなくなってきたので、話を戻しましょう。
カリー子さん
カリー子さん
そうですね(笑)。スパイスキットを作ろうとしているときにビリヤニ太郎さんのことを知ったんです。

それですぐに連絡してお会いしたら、ビリヤニ太郎さんは私の話を真剣に聞いてくださって、スパイスキットを製造する工場を紹介してもらったんです。
イマムラ
イマムラ
すごい
カリー子さん
カリー子さん
その工場が私の地元、宮城県にある「はらから福祉会」という障がい者施設だったんです。

スパイスキットを作るなかで、地元の障がい者の自立支援活動に携われるこの出会いは運命だと思いました。
イマムラ
イマムラ
カリー子さんがこれからやりたいことってなんですか?
カリー子さん
カリー子さん
そうですねぇ。私が東北出身っていうのもあるんですけど、地方の人達はこういったスパイスへのアクセスがないんですよね。
イマムラ
イマムラ
あぁ~確かに都会の大きなお店でしか売ってかもしれないですね、スパイスって。
カリー子さん
カリー子さん
そうなんですよ。「スパイスやってみたいけど結局ネットでしか買えない」というのはどんどん減らしていきたいんです。

それこそこういうスパイスキットを手にとって「今日の夕飯これにしよう」って出来るくらいのところまで持っていきたいんです。
イマムラ
イマムラ
確かにそれは楽しそうですね。気軽にインドカレーを自宅で作れるようになりそう。
カリー子さん
カリー子さん
私のスパイスキットも、今はネットで売ってますけど、もっと実店舗展開を増やしていきたいです。スパイスから遠い人たちが簡単に楽しめるようなオフラインの機会を増やして行きたいですね。なので実店舗で地方の人達にも気軽にインドカレーに触れて欲しいと思ってます!

取材・文:イマムラケンタ(@imamurider01

この記事をシェアする
Extroomをフォローして最新情報を受け取ろう
印度カリー子
毎日自炊でインドカレー
毎日インドカレーを自作する大学生。物理学科。毎日自作のインドカレーレシピをSNSに投稿している。インドカレー作り普及のために自ら開発したスパイスセットを販売している。