文学YouTuberベル

文学YouTuberベル が作る 動画から始まる読書コミュニティ

自身のYouTubeチャンネルで読書や文学について発信している文学YouTuberのベルさん。ネット時代に「読書でつながる空間」を目指して発信を続けるベルさんに、文学YouTuberにいたる物語と、自身の読書コミュニティ「#のベルズ」について聞きました。
イマムラ
イマムラ
なんでYouTuber始めたんですか?
ベルさん
ベルさん
YouTube自体は何か展望や目標があって始めたわけではなかったんですけど。
ちょうど世の中的に「YouTuber」って人達がいるというのが言われ始めた3年半前くらいに、「あ~こんなのあるんだ~」って思ったのをきっかけに軽い気持ちで動画を上げてたんです。

ピアノをやっていたので、ピアノを演奏してみる動画だったりとかを顔出しもせずに投稿してみたのが最初ですね。
イマムラ
イマムラ
最初は本当にカジュアルに動画投稿をしていたんですね。
ベルさん
ベルさん
ほんとに気軽に、スマホでやっていました。

だんだんやっていくうちにちょっとずつ見てくれる人も出てきて、日常的な動画を上げたりするようになり、どんどん楽しくなっていきましたね。
イマムラ
イマムラ
最初は本じゃなかったんですね。
ベルさん
ベルさん
そうですね、最初はマルチチャンネルのような感じで広くやっていたんですけど、その1つに書評というのがあったんです。
イマムラ
イマムラ
なるほど。最近は本の話が主だと思うんですが、ベルさん自身には文学のバックグラウンドがあったりするんですか?
ベルさん
ベルさん
いえ文学部だったとかということではないんですけど、趣味として読書が好きだったんです。

子供の頃から家に本があったので、本の多い環境ではあったんだと思います。
イマムラ
イマムラ
今の「文学YouTuber」というスタイルにたどり着くまでにはどういう過程があったんですか?
ベルさん
ベルさん
以前はいろんな動画にチャレンジしていたんです。

ご飯を食べるものだったり、メイク、歌を歌う動画、楽器の演奏、モノマネやパロディーなんかもやりました。
イマムラ
イマムラ
すごい色んな動画やってますね。
ベルさん
ベルさん
YouTubeをやっていると、再生数とかが一番の目標になると思うんです。

それで結構たくさん再生されたバラエティっぽい動画もあったんですけど、そういうパッと作った動画で再生数が伸びてもあまり嬉しくなかったんです。
イマムラ
イマムラ
なるほど。
ベルさん
ベルさん
ただそんな中でも、書評や美術の動画は自分でもこだわりを持って作っていて、再生数が伸びなくても楽しかったんです。
イマムラ
イマムラ
自分の好きなテーマだと、こだわりを持って作れるけど、再生数は伸びないと。
ベルさん
ベルさん
そうなんです。ただその中で一本だけ伸びた動画があって、それが読書感想文におすすめの本を紹介した動画だったんです。
ベルさん
ベルさん
この動画には「参考になりました!」とか「自分が学生の時にこの動画があったらどんなに救われたか」とか、すごくアクティブなコメントが多くて、その現象が嬉しかったんです。

ただ明らかに再生数が低いので、本の動画も多少頻度が上がるくらいでまだ「文学YouTuber」ではなかったですね。
イマムラ
イマムラ
難しいところですね。再生数が少ないテーマを続けるのか、違うことをやるのか。
ベルさん
ベルさん
そうなんですよ。ただその時期にYouTubeが主催しているYouTube NextUpのプログラムを受賞することができたんです。

YouTube NextUp: YouTubeが主催しているクリエーター支援・育成プログラム。選考を勝ち抜いたクリエーターにトレーニングやコレボレーションの機会を支援する。

ベルさん
ベルさん
そのときに映像制作の色んな技術を教えてもらったり、そのとき知り合った他のクリエーターさん達がキラキラしていて、とても刺激を受けたんです。

そのときに、趣味を極め切ったチャンネルで、その魅力を発信し続けたいって決断しました。
イマムラ
イマムラ
つまらない質問かもしれないですが、ベルさんの考える本や文学の魅力ってなんですか?
ベルさん
ベルさん
とりあえず、自分の中ではコスパ最強の趣味だと思ってます。
イマムラ
イマムラ
なるほど。
ベルさん
ベルさん
本があれば、頭のいい人の頭の中を覗くことも出来るし、ファンタジーであれば、ある意味現実逃避的に、ありえない世界に連れて行ってもらえます。

あるいは自分の悩んでいるところにつながるような物語であれば、それを深掘りしていくことも出来ると思うんです。
イマムラ
イマムラ
実際、現実逃避的に本を読むこともあるんですか?
ベルさん
ベルさん
実は中学時代に人間関係に悩んだことがあって、その時に本をたくさん読んでいたんです。

その時はある意味、現実逃避のために読んでいたところはありますね。
イマムラ
イマムラ
そうだったんですか。
ベルさん
ベルさん
そんな感じで、学生時代はボッチだったので、ひとりの時間が多かったんです。

学生時代って交友関係を広げることが結構難しいじゃないですか。
イマムラ
イマムラ
接している社会は限られてますよね。
ベルさん
ベルさん
関わりのある人と言っても、先生、家族、クラスメートくらいだと思うんですけど、それぞれがうまくいかなくなってしまうこともあると思います。
イマムラ
イマムラ
そうだと思います。
ベルさん
ベルさん
そういうときにはやはり一人で考える時間が増えてくるんです。

ただ、そういうときでも簡単に世界を広げてくれた。それができるのが本だったなと思います。
イマムラ
イマムラ
いまはもう完全に文学YouTuberとして活動されているわけですが、発信の動機や、ベルさんのテーマについてお聞きしたくて。

例えばYouTubeチャンネルにテーマとかってありますか?
ベルさん
ベルさん
そうですね、基本的には友達を増やしたいっていうのが一番ですね。

その軸になっているのが読書かなと思ってます。
イマムラ
イマムラ
友達を増やしたいんですか?
ベルさん
ベルさん
本をしばらく読んだことがない人でも、本をきっかけにつながれる場所にしていきたいなと思ってます。

だからアカデミックで頭いい感じにするんじゃなくて、気軽にお茶する感覚で見てもらえたらいいかなぁと。
イマムラ
イマムラ
確かに「文学」って字面だけだと堅いイメージですけど、ベルさんの動画はすごくカジュアルというか、ポップですよね。
ベルさん
ベルさん
気軽に本を手にとって読んでほしいので、あえてお硬い雰囲気にはしていないんです。気軽に本や文学と親しめる場所にしたいと思ってるんです。

YouTubeを普段から見ている人は、活字にあまり触れていない人も多いと思うので、YouTubeのコミカルでスピード感があるスタイルを取り入れて発信するようにはしています。
ベルさん
ベルさん
なかなか読書を趣味としている人をリアルで見つけるのって難しい時代だと思うんですよ。
イマムラ
イマムラ
確かに趣味が読書の人をあまり見かけなくなったかもしれないですね。
ベルさん
ベルさん
ただ本は読んで終わりではなくて、読んだ後に話したくなるんですよね。

読んだ本が良かったって話でも、なんかちょっと微妙って感じでも話したいんですよね。私はよくネットで感想を検索したりするんですけど。
イマムラ
イマムラ
それはとてもわかります。
ベルさん
ベルさん
ある意味、私のYouTubeはそれをやっているんです。普通、一冊の本について10分喋り続けてたら変な目で見られるじゃないですか。
イマムラ
イマムラ
そうですね。
ベルさん
ベルさん
テレビ番組でも一つの本について10分話すって出来ないと思うんですけど、YouTubeなら出来るんです。
イマムラ
イマムラ
確かに!
ベルさん
ベルさん
なので、本についてこれだけ喋ってもいい場所なんだな、っていう感じにしたいんです。

だから本を読む人が増えることもそうですけど、本を読む人同士が交流出来るような場所にしていきたいと思ってます。
イマムラ
イマムラ
今も何かやられている活動があるんですか?
ベルさん
ベルさん
ファンコミュニティに「#のベルズ」という名前をつけているんですけど、ファンの人同士が本を交換したり、自主的にオフ会を開いてファン同士で交流したりしていますね。
イマムラ
イマムラ
それはすごいですね。ベルさん抜きでファンの人達でオフ会が成立するって。
ベルさん
ベルさん
そうなんですよ。本をキッカケに繋がれるような場所にしたいと思っています。

本を読み終わった後の楽しみ方として、まだまだ楽しめてない人がいるんじゃないかなと。
イマムラ
イマムラ
そういった動きというのは、もともと目指してやっていたと言うよりは結果的にそうなったという感じなんですか?
ベルさん
ベルさん
そうですね。その時その時でやりたいことは変わってくると思うんですけど、そのときに出来ることでやってみたいことをやり続けているのだと思います。
イマムラ
イマムラ
これからやっていきたいことはなんですか?
ベルさん
ベルさん
そうですねぇ、あまり先まで目標を決めるタイプではないんですけど、今年は自分の本を出したいと思って動いています。
イマムラ
イマムラ
どんなテーマの本になりそうですか?
ベルさん
ベルさん
まだわかりませんけど、アイデアの1つとしてYouTuberが主人公のお話を書けたら面白いかもと思ってます。
イマムラ
イマムラ
それはとても読んでみたいですね。

取材・文:イマムラケンタ(@imamurider01

この記事をシェアする
Extroomをフォローして最新情報を受け取ろう
ベル
文学YouTuber
自身のYouTubeチャンネルで読書や文学、美術についての情報発信や、他媒体での執筆活動などを行っている。自身のファンコミュニティ「#のベルズ」は読書好きの集まる場として、メンバー同士の交流も盛んだという。