artgeek home
18
members
artgeek home
18
members
いとはる
美術系YouTuber
美術系YouTuberのいとはるが主催する月額参加型コミュニティです。西洋美術好きが繋がれるコミュニティで勉強会や鑑賞会を行います。さらに踏み込んだ活動がしたいという方は体験型アートイベントの企画・運営を行うこともできます。

運営者について

伊藤遥夏 美術系YouTuber
。西洋美術の解説動画をYouTubeにて配信。わかりやすい解説と美術解説にふさわしい動画編集に定評がある。専門はルネサンス~バロック美術。
Instagramでは1分でわかるシリーズを中心に動画で絵画紹介。
現在はイベントでキュレーターとしても活動しており、VRやAR、AIなどを使ったテクノロジーアートを収集中。

ミステリアスな絵オフィーリアを徹底解説。悲しすぎる彼女の運命とは?〜クラシック音楽を聴きながら美術鑑賞〜

学クリエイト アートリサーチャー。幼少期からアートになれ親しむ。絵画教室に通い、中高6年間美術部に所属する。美術大学の版画学科に進学するも、卒業後はフリーター生活を送る。心機一転、IT企業に就職したもののアートに関わりたいという夢を諦めきれず2019年1月からSNSで発信を始める。 美術全体に関心があり、特に現代アートが好き。アートを題材にしたゲームの開発、VRペイントに興味あり。

好きなことを語り合える場所を。

西洋美術に興味を持ったのはわずか2年前。 美術館に行くのは好きだったけれども絵のことは何も知らなかった私が、ふとしたきっかけでフランス美術の講義を受けました。 大学の講義室の椅子に座って教授の話を聞いているだけなのに心浮き立ち、好奇心の赴くままに図書館で本を読み漁り、没頭するようになってすぐ、私は美術系YouTuber
になりました。 映画鑑賞と違い、自分で情報収集しなくては知識を深めることができず、かつあまりに奥深いためやたらと高尚なものにされがちな美術をもっと身近で親しみやすくしたいと思ったからです。

しかし、私の周りにはその魅力を語り合える人がいませんでした。 美術展の後に感想を言い合えるような友人がいたらいいのに…。 美術系YouTuber
になりSNSでも発信を始めると、沢山の美術好きな方々と出会うことができ「こんなに共通点を持った人と話すのは楽しいのか!」と驚き、うれしい気持ちになりました。 だから私は、私のようなartgeek(美術愛好家)のための居場所を、美術を好きな人同士が繋がれる場所を作りました。 それが「artgeek home」、美術愛好家の帰るところです。

art geek home〜美術好きの帰ってこられるところ〜オープンPV

活動内容

artgeek homeでの活動は大きく分けて2つあります。 1つは西洋美術好きが繋がれるコミュニティを作っていくこと。もう1つが体験型アートイベントの企画・運営です。

1.西洋美術好きが繋がれるコミュニティづくり

artgeek homeでは月一で美術系YouTuber
いとはるも参加する、オフラインでの交流会を行います。 これまでの美術展で集めてきたポストカードを持ち寄ってルームメンバーとともに話に花を咲かせたり、希望者を募って勉強したことの発表をする場を設けても良いですね。 またオフラインの活動だけでなく、常時フェイスブックにてオンラインでのコミュニケーションが行えます。 参加メンバー全員が美術の勉強会や鑑賞会を企画することができる、だれもが火付け役になれる環境があります。

2.体験型アートイベントの企画・運営

「あったらいいな」は形にできます。 artgeek homeでは、「鑑賞者目線での企画展」を開いていきます。 ルーム内で行われる勉強会などでインプットしたことをイベント企画でアウトプットしていこうという試みです。

最近フェルメールの「牛乳を注ぐ女」を3Dで見ることのできる展示が話題をよびました。こんなふうに私たちが面白いと思うことを実現していくのです。 あなたが出したアイデアでイベントが盛り上がり多くの人から反響があるかもしれません。 ぜひ一緒に、想像したことを形にしましょう。

art geek homeでできること

少しでも美術に興味がある方、一緒におもしろいことをしませんか?

西洋美術が好きな人、西洋美術に興味はあるけど何から勉強したら良いのかわからない人、知識量は関係ありません。好きでさえあればこれから知らず知らずのうちに知識は増えていきます。 むしろそのような、誰かと美術鑑賞をしたい、勉強会をしたい、面白いことをしたいという人ほどこのルームには向いている気がします。 西洋美術初心者の方も、このartgeek homeで今よりもっと西洋美術を好きになってくれたら嬉しい限りです。 西洋美術に興味がある方、アートに興味がある方、仲間となにかに一生懸命取り組みたい方、一緒に語り合える日を楽しみにしています。

◾️2ヶ月でこれだけの活動を行っています◾️

4月に運営を始め、6月までにこんな活動を行ってきました。 5月8日 現代アート勉強会『どこからがアート?』『アートの定義とは?』 5月11日 クリムト展 鑑賞会 5月25日 ラファエル前派展 鑑賞会 6月13日 art geek home 第1回イベント企画会議 6月15日 ギュスターブ・モロー展 鑑賞会 6月30日にはボルタンスキー展鑑賞会を予定しています。 鑑賞会や勉強会をすることで美術やアートについての理解をふかめながら、それをイベント企画に生かしていきます。 また7月からは月に1回のオンライン通話でのファシリテーションも予定していますので、遠方の方でも気軽に参加することができます! art geek homeで作成したWebマガジン『a.g.h magazine』→http://bccks.jp/bcck/159915/info

◾️こんなメンバーがいます◾️

幅広い年齢層(10代〜60代)の様々な場所に住む方がいらっしゃいます! ・会社員、学生、YouTuber、学芸員、アーティストなどなど、、 きっと気が合うアート好きな仲間が見つかるはずです! (70代〜ももちろん大丈夫です) ・住んでいるところも北は福島、西は京都と様々。 オフラインでの活動の雰囲気はこの動画で見ることができます!↓ https://youtu.be/FWlYgQDdjX8

◾️どんな人に向いている?◾️

・アートや美術をもっと普及させたい方 ・イベント企画をしたい方 ・楽しいことを一生懸命やりたい方 とてもアットホームなコミュニティです。

art geek home 活動の様子
基本情報
オンラインでの活動
Facebookグループ
定例会などの開催地
東京近郊(オンラインでの中継も用意)
ルーム情報
学生プラン
¥540
/月
入会する
残り 8名
このプランでできること
美術好き同士の交流
体験型アートイベントの企画・運営
社会人プラン
¥1,080
/月
入会する
残り 9名
このプランでできること
美術好き同士の交流
体験型アートイベントの企画・運営
▼注意事項 ・本ルームの活動に参加するにはFacebookアカウントが必要になります。 ・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。 ・ルーム内で共有される情報は、シェア厳禁とします(ただし内容によっては拡散いただいてもいいものもご用意します)。 ・入会いただいた際に当月の会員費の決済を致します。月の途中に入会でも1ヶ月分の会員費が発生し、日割り計算は致しませんのでご了承ください。 ・領収書の発行は承っておりません。 ・Facebookグループへの参加申請後、承認まで数日間かかる場合がございます。 ▼入会をお断りする場合 以下の様な方は入会をお断りする、強制退会とさせていただく場合があります。 ・Facebookアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブなものでないと判断した場合。 ・ルーム内での情報をSNSやブログで発信することは原則禁止です。共有可能な情報がある場合は運営よりお伝えいたします。 ・運営および特定メンバーへの誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合。 ・情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方。