Sustainable Cinema
2
members
Sustainable Cinema
2
members
やべさや
映画宣伝・映画ライター
映画の宣伝・ライター業のかたわら、映画祭や上映イベントの運営に携わっている「やべさや」が主催するコミュニティです。誕生した映画を生かし続けるための活動や映画好きな方達と交流を行う参加型コミュニティとして運営しています。

やべさやについて

映画に関する全ての魅力を伝えていきたいという思いから、映画の宣伝・パブリシティ、編集・ライター業をしているやべさやと申します。 ◉cinefilさんで連載中の【「つくる」ひとたち】インタビュー http://cinefil.tokyo/_ct/17238721 ◉編集・ライターをしている雑誌「cinefil BOOK」

また、映画を観る人を増やすべく、映画祭や野外上映、上映イベントの運営、広報宣伝なども行っており、趣味でミュージックビデオやショートムービーなども作っております。

誕生した映画を生かし続けていきたい

映画は2013年以降、毎年1,000以上の作品が公開され続けています。 (参考:https://www.unijapan.org/reference/statistics.html ) 新たに生み出され続けて行く楽しみと同時に、「あの頃」の映画になってしまうという切なさも感じることが時々あります。 人生に影響を与えた映画、思い入れ深い映画、来世に伝え続けていきたい映画など、人にはそれぞれ大切な映画があると思います。

そんな映画たちをこれからも生かし続け、伝え続けていけるよう、新たな映画の見せ方や楽しみ方を生み出し、映画に触れる機会や関わる機会を増やしていきたいという想いが生まれてきました。 生活と映画がより近くなるような仕組みづくりや、新たな映画のイベントや映画体験、つまり「映画を生かし続ける仕組み」を皆さんと一緒に作っていきたいと考えています。

宣伝×媒体×マーケティングを組み合わせたチームづくりをしながら、新作・旧作ともに、魅力を伝え続けていきたいと思います。

映画を生かし続ける仕組みづくり

このコミュニティでは「映画を生かし続ける仕組みづくり」として、皆さんと以下のようなことをやっていきたいと思っています。 1.新たな宣伝チームづくり 2.作り手の話を聞いて、一緒にトーク&ディスカッション 3.新たな映画体験の企画・運営 4.映画を語る会の開催

1.新たな宣伝チームづくり

新作の公開にあわせて関連する作品を紹介したり、「エモーション」を大切にした映画を伝え届け続けていく、宣伝チームを作っていきます。アイディアを出し合って、私たちにしかできないクロスオーバーした宣伝方法・宣伝企画を考えていきたいと思っています。

<例> ・関連作品上映イベント、トークイベントなどを企画 ・お店やレンタルショップでフェアを企画 ・インタビュー企画

2.作り手の話を聞いて、一緒にトーク&ディスカッション

「一歩踏み出すには、まず現状を知ることから・・・」ということで、映画監督やプロデューサーなど、映画に関わるお仕事をしている方々の生の声が聞ける座談会や交流会を開いていきます。毎回テーマを決めて行います。様々な分野のお話を聞き、考えるキッカケになる時間が作れたらと思っています。

vol.0:平成生まれが考える映画のこれから(※記事公開予定) 中川龍太郎監督×内山ありささん(東宝)×中村好佑さん(Hulu)

3.新たな映画体験の企画・運営

企画を立てるところから当日の運営まで、皆さんと一緒に考えながら新たな映画体験を作っていきます。また、映画が生活とより密接になるような仕組みを、企業や団体と考えたりしていきたいと考えています。 映画は総合芸術ですので、ジャンルやカテゴリーが広がれば広がる程、面白い視点の企画が浮かんでくるのではないかと思っています。

今まで私は、夜空と交差する森の映画祭( http://forest-movie-festival.jp/ )や、Do it Theater( https://www.ditjapan.com/ )の広報や宣伝、宣伝協力、映画祭TAMA CINEMA FORUM( https://www.tamaeiga.org/ )では広報、宣伝に加え、プログラムの企画などを行い、「映画を見せる」機会をつくることの大切さや面白さを実感するようになりました。

上映イベントを開くための仕組みとしては、マイクロシアタープラットホームのpopcorn( https://popcorn.theater/ )や、一般上映用に業務用のDVDを扱うMMC( http://www.mmc-inc.jp/ )などがあり、作品によっては「非劇場上映」の権利を持っている配給会社もあります。 Sustainable Cinemaの取り組みの1つとして、その上映の仕組みをもっと活用していくための企画を考えていきたいと思います。

また、一例にはなりますが、今まではこんなイベントを開催してきました。 映画が大好きな人も音楽が大好きな人も、同じ空間でフェスのように楽しむことができないかという想いから【観る音楽、聴く映画】というイベントを企画しました。中編、短編映画やミュージックビデオの上映、ライブ、DJ、VJ、展示、トークを通してそれぞれの魅力を深め、映画と音楽が交差して立体的に味わえる空間を作りました。

その他にも、ビルを貸し切って、各フロアで様々なブースを作ったり、解体前の映画館で特集上映企画をしたり、ライブハウスで音楽に関連する作品の上映などをしてきました。 ◆音楽と映画が交差する『観る音楽、聴く映画』で9本上映、トークやDJも https://www.cinra.net/news/20160417-miruongakukikueiga ◆解体前の映画館が舞台 『観る音楽、聴く映画』でTHE BAWDIES初主演作上映 https://www.cinra.net/news/20170322-miruongakukikueiga ◆小松菜奈や大森靖子の出演作を下北沢のライブハウスで上映「観る音楽、聴く映画」 https://natalie.mu/eiga/news/232017

まずは、Facebookグループを使った企画アイデア出しや、それを踏まえて実際お会いして企画会議を行なったりといったところから始めていければと思っています。

4.映画を語る会の開催

皆さんと一緒に、映画を観たり、映画を語り合う会を月に1度程度開いていきます。「私の好きな映画ポスター」「私の好きな予告編」「私の好きな映画パンフレット」「私の好きな映画館」などテーマを決めて、どこが好きか・何が素晴らしいのかを語り合いながら、イベント企画や宣伝企画に繋げていければと考えております。映画が好きな私たちならではの交流の場にしていきたいと考えています。

基本情報
オンラインでの活動
Facebookグループ
定例会などの開催地
東京近郊
募集している方
映画やエンタメが好きな方 / 映画にもっと関わりたいと思っている方 / 培ってきたノウハウを映画に関連して生かしたい方 等
ルーム情報
スタンダード
¥1,800
/月
入会する
残り 38名
このプランでできること
新たな映画体験の企画・運営への参加
映画を語る会(定例オフ会)への参加
映画に関わる方との交流会、試写会へのご紹介(人数限定)
▼注意事項 ・本ルームの活動に参加するにはFacebookアカウントが必要になります。 ・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。 ・ルーム内で共有される情報は、シェア厳禁とします(ただし内容によっては拡散いただいてもいいものもご用意します)。 ・領収書の発行は承っておりません。 ・入会いただいた際に当月の会員費の決済を致します。月の途中に入会でも1ヶ月分の会員費が発生し、日割り計算は致しませんのでご了承ください。翌月以降は毎月1日に自動で決済が行われます。 ・Facebookグループへの参加申請後、承認まで数日間かかる場合がございます。 ▼入会をお断りする場合 以下の様な方は入会をお断りする、強制退会とさせていただく場合があります。 ・Facebookアカウントが実名登録ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、アカウントがアクティブなものでないと判断した場合。 ・ルーム内での情報をSNSやブログで発信することは原則禁止です。共有可能な情報がある場合は運営よりお伝えいたします。 ・運営および特定メンバーへの誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合。 ・情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方。